国際安全保障学会

文字サイズ

Japan Association for International Security

HOME > 研究奨励事業

研究奨励事業

最優秀出版奨励賞(佐伯喜一賞)ならびに『国際安全保障』最優秀新人論文賞

国際安全保障学会では、防衛・安全保障に関わる研究を奨励する目的から、「最優秀出版奨励賞」および「『国際安全保障』最優秀新人論文賞」の二つの賞を設けています。受賞者に対しては、年次大会総会において表彰するとともに副賞を謹呈します。会員の皆様からのご応募をお待ちしています。

  • 最優秀出版奨励賞の対象は、会員が著した安全保障・防衛に関する学術研究書です。一般向けの啓蒙的書籍は対象から外れる場合がありますので、予めご了承ください。選考対象となるのは、学会事務局に寄贈(ないしは貸与)された日本語による出版物に限られます。ご著書を出版された会員におかれましては、事務局への献本(それが難しい場合には貸与)をお願いいたします。
    なお、最優秀出版奨励賞は防衛弘済会による基金によって発足し、賞の名称も加藤陽三氏を顕彰したものでした。現在、こうした制度が廃止されたことを踏まえ、理事会にて新しい名称を検討して参りました。その結果、理事長制度から会長制度へと変更された際の初代会長である、故・佐伯喜一氏を顕彰し、2007年以降、「最優秀出版奨励賞(佐伯喜一賞)」へと変更されております。
  • 『国際安全保障』最優秀新人論文賞は、学会誌に掲載された、若手研究者(40歳以下)による論文が対象となります。特集テーマに沿った論文はもとより、自由論題の論文も選考対象に含まれますので、皆様からの投稿をお待ちしています。

問い合わせ先

〒152-0004東京都目黒区鷹番3-6-1 内外出版(株)内
国際安全保障学会事務局 電話 03-3712-0142 FAX 03-3712-3130

(2013年7月)

受賞一覧

最優秀出版奨励賞(加藤陽三賞)

2003年度

村山祐三『経済安全保障を考える―海洋国家日本の選択』
(NHK出版、2003年)

2004年度

上杉勇『変わりゆく国連PKOと紛争解決 ―平和創造と平和構築をつなぐ 』
(明石書店、2004年)

2005年度

松村昌廣『 軍事情報戦略と日米同盟―C4ISRによる米国支配』
(芦書房、2005年)

2006年度

中島信吾著 『戦後日本の防衛政策』
(慶應義塾大学出版会、2006年)

最優秀出版奨励賞(佐伯喜一賞)

2007年度

信田智人『冷戦後の日本外交―安全保障政策の国内政治過程』
(ミネルヴァ書房、2006年)

2008年度

金子謙『NATO北大西洋条約機構の研究―米欧安全保障関係の軌跡』
(彩流社、2008年)
石津朋之『リデルハートとリベラルな戦争観』
(中央公論新社、2008年)

2009年度

楠 綾子『吉田茂と安全保障政策の形成―日米の構想とその相互作用、1943~1952年』
(ミネルヴァ書房、2009年)

2010年度

梅本哲也『アメリカの世界戦略と国際秩序』
(ミネルヴァ書房、2010年)

2011年度

荒川憲一『戦時経済体制の構想と展開―日本陸海軍の経済史的分析』
(岩波書店、2011年)
柴山 太『日本再軍備への道―1945~1954年』
(ミネルヴァ書房、2010年)

2012年度

川名晋史『基地の政治学―戦後米国の海外基地拡大政策の起源』
(白桃書房、2012年)

2013年度

道下徳成『北朝鮮―瀬戸際外交の歴史: 1966~2012年』
(ミネルヴァ書房、2013年)

『国際安全保障』最優秀新人論文賞

2003年度

青井千由紀「9.11後の軍事行動と国連体制―介入と『脱集団化』の時代における国連の役割と正統性」
『国際安全保障』(第30巻第1号第2号合併号、2002年12月)

2004年度

該当作なし

2005年度

道下徳成「北朝鮮の核開発をめぐる交渉1993~94年――強制手段の役割を中心に」
『国際安全保障』第33巻第1号(2005年6月)

2006年度

宮下雄一郎「自由フランスと戦後秩序をめぐる外交1940年-1944年」
『国際安全保障』第33巻2号(2005年9月)

2007年度

鈴木一人「フランスとESDP――『ドゴール・ミッテラン主義』の制度化過程」
『国際安全保障』第34巻3号(平成18年12月)

2008年度

千々和泰明「権威をめぐる相克―駐日米国大使と在日・在沖駐留米軍 1952―1972年」
『国際安全保障』第35巻第3号(2007年12月)

2009年度

吉田真吾「デタントの成立と日米同盟―相互不安と「正当性の危機」による制度化の進展」
『国際安全保障』第36巻第4号(2009年3月)

2010年度

黒﨑将広「戦闘員資格の制度枠組み―捕虜資格との機能的相違」
『国際安全保障』第37巻第3号(2009年12月)

2011年度

白鳥潤一郎「エネルギー安全保障政策の胎動―石油市場の構造変動と『対外石油政策』の形成、1967―1973」
『国際安全保障』第38巻第4号(2011年3月)

2012年度

布施 哲「対中アクセス拒否戦略―新たな対中防衛戦略のあり方を目指して―」
『国際安全保障』第39巻第3号(2011年12月)

2013年度

高橋和宏「ドル防衛協力問題と『日米同盟』」
『国際安全保障』第40巻第3号(2012年12月)