国際安全保障学会

文字サイズ

Japan Association for International Security

HOME > 大会の記録 > 国際安全保障学会 2004年度年次大会のご案内

国際安全保障学会 2004年度年次大会のご案内

2004年度年次大会を次の通り開催いたします。ご多用中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席下さいますようご案内申し上げます。

  • 時期: 2004年12月4日、5日(土、日)
  • 会場: 青山学院大学 青山キャンパス 総研ビル
  • 所在地: 東京都渋谷区渋谷4-4-25(〒150-8366) 電話03-3409-8111(代表)

第1日(12月4日 土曜日)

◇ 受 付 開 始 1130

◇ 部 会 1 自衛隊と国際貢献 1200~1340

     藤原 修(陸上自衛隊)  「陸上自衛隊と国際貢献」
     中嶋 厚(海上自衛隊)  「海上自衛隊と国際貢献」
     小嶋信義(航空自衛隊)  「航空自衛隊と国際貢献」
     討論者 江畑謙介(軍事評論家)
     司会者 村井友秀(防衛大学校)

◇ 分 科 会 1350~1500

分科会① 報告者 上杉 勇(沖縄平和協力センター)「平和維持と平和構築」
     司会・討論者 青井千由紀(青山学院大学)

分科会② 報告者 石津朋之(防衛研究所)「軍事革命をめぐる問題点」
     司会・討論者 村山裕三(同志社大学)

分科会③ 報告者 黒野 耐(元防衛研究所)「日英同盟の力学から見た日米同盟の将来」
     司会・討論者 赤木完爾(慶應義塾大学)

◇ 総 会 1510~1530

◇ 部 会 2 大統領選挙後の米国安全保障政策 1540~1720

     秋元千明(日本放送協会)  「2期目のブッシュ政権と安全保障戦略」
     三浦俊章(朝日新聞)   「外交政策から」 
     勝股秀通(読売新聞)   「自衛隊と米軍」
     中静敬一郎(産経新聞)  「大統領選後の米国安全保障政策:日米関係との関連」
     司会者 渡辺昭夫(平和・安全保障研究所)

◇ 懇 親 会 1740~1940

  会場 アイビーホール青学会館『アロン』 電話3409-8181(代表)

第2日(12月5日 日曜日)

◇ 受 付 開 始 0900

◇ 部 会 3 国際紛争の処理と国家再建 0930~1050

     酒井啓子(アジア経済研究所) 「戦後イラクの紛争処理と国家再建」
     伊勢崎賢治(立教大学)「民主主義構築の中のDDR(武装解除・除隊・再統合)」
     伊地哲朗(ロンドン大学大学院) 「タジキスタン内戦の国際的紛争解決」
     司会者 佐瀬昌盛(拓殖大学)

◇ 部 会 4 特 別 講 演 1100~1220

前原 誠司(民主党・衆議院議員) 「日本の安全保障」
司会者 土山實男(青山学院大学)

  1. 非会員の方が聴講される場合は<大会参加費>(千円)を受付にてお支払い下さい。
  2. <年会費>(一般会員8千円、学生会員6千円)未納の方は受付にてお支払い下さい。
  3. 懇親会に参加される方は<懇親会費>(5千円)を受付にてお支払い下さい。
  4. キャンパス内に駐車スペースはありませんので、車での来場はご遠慮下さい。

  • JR山手線、東急線、京王井の頭線「渋谷駅」下車、宮益坂方面の出口より徒歩約10分
  • 地下鉄(東京メトロ)銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B1出口より徒歩約5分

大会案内のダウンロード